吉祥寺を歩く

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

 吉祥寺の前に説明板が在りました。
そして立派な石碑と山門です。
では中に入りましょう!広くて長い参道です。
曹洞宗 諏訪山 吉祥寺
曹洞宗寺院の吉祥寺は、諏訪山と号します。
縁起
長禄2年(1458)太田道灌が江戸城築城の際、
井戸の中から「吉祥」の金印が発見されたので、
城内(現在の和田倉門内)に一宇を設け、「吉祥
寺」と称したのがはじまりという。
天正19年(1591)に現在の水道橋一帯に移った。
現在の水道橋あたりに橋は吉祥寺橋と呼ばれた。
明暦3年(1657)の大火(明暦の大火)で類焼し、
現在地に七堂伽藍を建立し移転、大寺院となった。
僧侶の養成機関として栴檀林(駒沢大学の前身)を
もち、一千余名の学僧が学び、当寺の幕府の昌平
坂学問所と並び称された。〔文京区教育委員会〕
〔参考:サイト「猫のあしあと」より〕

山門には「旃檀林」の額が掲げられています。
旃檀林とは駒澤大学の前身のひとつで、仏教の
研究と漢学の振興のための学校だそうです。
そして青銅の大仏さんが居ました。
境内の右奥には経蔵が見えます。
さらに奥に進むと本堂が、手前に鐘楼、経蔵の
全貌も見えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック