駒込土物店跡へ

画像
画像
画像

 田端方面に出る道と本郷通りとが合流する地点
に天栄寺の山門が在ります。そして山門の前に
「史蹟文化財 駒込土物店跡」の石碑が在りました。
浄土宗 地久山 天栄寺
天栄寺の創建年代は、元和3年・明暦3年に
類焼したため不詳ですが、元和3年より万冶2
年までは本郷丸山菊坂にあり、万冶3年当地に
移転したといいます。
〔参考:サイト「猫のあしあと」より〕

脇に駒込土物店跡の説明板も在りました。
駒込土物店跡
江戸時代、神田、千住と並び3大青果市場といわ
れた。起源は元和年間(1615~1624)といわれる。
当初は近隣の農民が野菜を担いで江戸に出る途
中、この地で休むのが毎朝の例となり、付近の
住民が新鮮な野菜を求めたのが起こり。
また、近くの富士神社の裏手は駒込ナスの生産地
として有名であり、大根、にんじん、ごぼうなどの土
のついたままの野菜(土物)が取り引きされた。
現在駒込土物店縁起の碑がある。(天栄寺境内)
〔参考:「文京区ホームページ」より〕

江戸時代当時のこの町の賑わいが偲ばれました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック