六義園・藤代峠へ

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


 六義園の奥に進みましょう!
平日、曇天の昼下がり、人は散策する人々の数
はそこそこ居るのですがちょうど良い!
渡月橋を渡ります。
池にはカルガモや鯉が悠々と泳いでいました。
渡月橋

「和歌のうら 芦辺の田鶴の鳴声に 夜わたる月
の 影そさひしき」の歌から名づけられた石の橋。
2枚の大岩の重量感が、あたりの雰囲気を引き
締めています。
〔参考:サイト「東京都公園協会 庭園へ行こう」より〕

木々が深くなってきました。この周辺にはカップルが
多くいます。確かにチュースポットとしては申し分の
ない場所がたくさん在りますね!

 階段を登ると、藤代峠です。
藤代峠
紀国にあり。四方を見下ろす景地にて、無双の景
とかや、歌には藤代の三坂と読り。
〔楽只堂年録第百八巻元禄十五年「六義園の記」より〕
園内で一番高い築山で、標高は35m。いただきは
「富士見山」と呼ばれ、そこからは素晴らしい展望
が開けています。紀州(現在の和歌山)にある同名
の峠から名付けられました。
〔参考:「六義園パンフレット」より〕

此処から庭園の眺めは最高です!
お付き合いして間もない(と思われる)カップルが
居たので、じゃましないよう山を降りました(笑)。
 欄干の無い橋を渡って、右奥は草木深い山道
コースと小川です。
そちらには行かず、池に沿って進むと吹上茶屋が
在りました。
赤い毛氈が良いですね!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック